スポーツや健康に関する出来事をあれこれ・・・
崖っぷち
2008年09月29日(月) 17:13
昨日久しぶりに札幌ドームに

北海道日本ハムVS千葉ロッテ戦を

見に息子と一緒に行ってきました。


試合は皆さんご承知のように

4−1でファイターズの負けでした

7回までは藤井ががんばり、

得点を与えず良かったのですが、

8回に交代した建山と武田が誤算、

マリーンズにつかまって失点しました。

終盤に3点差はファイターズにとって致命的。

藤井の好投を無駄にしてしまった。

これでファイターズは自力でCSに

進出できなくなった。

かなりの崖っぷち

今日まず勝ってさらに

1日の楽天戦にも勝ち、

尚且つマリーンズが楽天か西武に1敗するか、

オリックスが2敗するしか道はない。

かなり厳しいけど、

今日の試合を勝ってほしいね。

現時点で6回終了し

ファイターズの田中が11号ソロホームラン

1−0で勝ってるよ。

がんばれファイターズ







五輪の陰で世界一
2008年09月26日(金) 16:39
記事にするのが遅すぎますが、

先月24日〜29日まで愛媛県松山市を舞台に

世界から8チームが参加し、

2008 ENEOS女子野球ワールドカップ
が行われた事を

皆さんは知っているでしょうか



北京オリンピック後とあってほとんど

マスコミに取り上げられる事はなかったけれど、

2004年から2年に一度行われている

WBC女子版の国際大会である。



選手たちは、

北京五輪の女子ソフトボールに負けじと奮闘、

王者アメリカなどを見事に撃破し、

金メダルを勝ち取ったのだ


     それがこれだぁ〜

         







チームジャパンの面々






そのチームJAPAN

北海道からただ一人5期連続で

代表入りしている選手がいます。


    それがこの人

         






ホ−ネッツレディースの金 由起子選手。

今大会を通しスタメンで5番ファーストと主軸を形成し、

4割以上の打率と手堅い守備で

金メダルに貢献したのだ


おめでとう








大会以降の忙しい中「遅くなりました」と報告に来て

ボディーメンテナンスをし、

来月の11日から始まる

全国クラブ選手権(千葉)に向けて

「がんばりますよ」との事でした。



これからも影ながら応援し

期待していますよ










ベテランの頑張り
2008年09月22日(月) 19:54
21日妙高高原で妙高サマージャンプ大会が

気温17℃の降る中行われました。


そんな悪天候の中男女共に頑張ったのは、

2人のベテランでした。


女子の優勝は山田いずみ(神戸クリニック)、

サマーシーズンを通し好調を維持している。

2位 渡瀬あゆみ(神戸クリニック)

3位 笛木美沙(八海高)


男子の優勝は長野の金メダリスト、岡部孝信(雪印)。

年を言うと失礼だが来月で38歳になる

世界最高齢のベテラン選手だ。

先週の白馬サマーGPにも出場していたが、

本人いわく「調子が今一です」なんて言っていたが、

この1週間で自分の調子を見事に修正したようですね。

さすが。

2位は好調の伊東大貴(土屋ホーム)

3位 渡瀬雄太(雪印)


少年もやはり好調の作山憲斗(中野実業高)

2位 清水礼留飛(妙高高原中)

3位 渡部弘晃(札幌日大高)

でした。

次回国内サマーシリーズは来月19日札幌大倉山で行われます。







メダルの半減
2008年09月18日(木) 18:23
北京パラリンピックが昨日閉幕した。


中国の圧倒的強さの影で

前回アテネからメダルが半減した日本は

(金17→5、総数52→27)

障害者スポーツのプロ化が進む

欧米に比べ立ち遅れている。


ほとんどの選手たちは日ごろの活動費

(合宿や大会の参加費用、用具等)を

自腹で補っている。

今回厚労省が

金 100万円

銀 70万円

銅 50万円

の報奨金を出すことになった。

選手たちは金額は少ないが、

’進歩した”と一応の評価をしたが、

世界と互角に戦えというなら抜本的支援体制が必要だろう!



Read more>>

成果
2008年09月16日(火) 11:27
先週末白馬で行われたスキージャンプのサマーGP(グランプリ)。


1・2戦とも勝ったのはスイスのシモン・アマン
(ソルトレーク五輪の金メダリスト)

また同じく2日続けて2位になったのは

日本の伊東大貴。

3位は1戦目はA・キュッテル(スイス)

2戦目がR・ヨケルソイ(ノルウェー)でした。

2戦続けて2位に食い込んだ伊東は

先シーズンの不調から少し抜け出し、

サマーシリーズでも安定しいます。

世界ランカーの上位選手の一角を崩した事は評価出来ますね。

また1戦目に高校生の作山が4位に入り、

夏場に行った若手の海外合宿が一定の成果を

出して来ているかも知れません。


この後来月5日のリベレツでサマーGPは終了し、

その8週間後にはクーサモでWCが開幕します。


それまでの間に選手たちは最終的な調整をし、

シーズンに入ります。

強化の成果で若手の台頭を期待しょう。

Read more>>

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog