スポーツや健康に関する出来事をあれこれ・・・
キタカ〜のお姉さん
2008年10月30日(木) 19:42
25日から発売になったJRのICカード乗車券「キタカ」。

札幌近郊の55の駅で改札機にかざすだけで

通過出来るカードで、いずれは首都圏の

「スイカ」との共有化や電子マネーとしても

使えるようになるそうで、JRを使う人には便利そうですね!







そのキタカの姉さんといえば、





            そう、この人。 夏見 円 選手

   

               ↓  ↓  ↓







(何時もだが2時間以上治療で寝ていた後の顔で失礼!)




昨日オーストリアから帰国し、

自分のオフィシャルカード(直筆サイン入り)と

お土産を持参して、

ボディーメンテナンスに来ました。




今回のラムソー氷河合宿で夏場のトレーニングが一応終了し、

来月6日出発すると22日(SWE)から

W-CUPが始まり戦闘開始である。



今の彼女の体の状態と表情からするといい感じで

その初戦を迎えれそうです。



彼女に今シーズンの目標は?と聞くと、もちろん

来年2月に行われるリベレツの世界選手権の”表彰台”

だ、そうだ。


ちょっと言わせたような感があるが、まっいいか。

きっとやれるよ!





で、お土産は・・・



            これ ↓









      デケェー


Milkaのチョコレートでした。






夏見選手のカードほしい方SPORTまで。
誰でもその時は来る。
2008年10月29日(水) 20:36
昨日マラソンの高橋尚子が引退会見をやりました。


どんなアスリートでも、自分の競技イメージがあり、


現実のパフォーマンスがある。


年齢とともにそのギャップが大きくなる。


それに耐え切れなくなった時、


それが引退の時。


高橋選手がどれだけ競技に


真直ぐ打ち込んできたか、


また回りの人たち、ファンの声を大事にしてきたか


分かる会見でしたね。


会見後気が楽になって、


今までの緊張が緩むとともに涙が溢れてきたのも頷けます。

雪の便り
2008年10月27日(月) 19:03
ようやく札幌近郊の手稲山や藻岩山でも

今朝の冷え込みで雪の便りが届いて、

いよいよウインタースポーツの幕開けです。


すでにアルペンスキーW-CUPは幕を開け、

ノルディック系は11月下旬から始まる。


スケートでは国内でスピード種目、

距離別選手権でW-CUP派遣選手を選出して、

これから世界を転戦する。

その中に15歳の高山梨沙(早来中)が選ばれていたね。

将来を期待しての派遣であるが、

何年後かに実力で日本を代表する

選手になるといいですね。



フィギュアもグランプリシリーズが始まり、

男子は若い小塚崇彦19歳(トヨタ自動車)が初優勝!

女子は優勝こそ逃したが2位中野、3位安藤と表彰台に上がった。


どんなスポーツでも若い有望な選手が

出てくることは関係者にとって非常に嬉しい事。

大事に育ててもらいたい。





飛んで職さがし?
2008年10月20日(月) 21:43
すっかり札幌の街も秋めいてきましたね。

昨日は大倉山でサマージャンプの最終戦?(まだ秋田で試合があるが)

伊籐杯サマーファイナルジャンプ大会がありました。




試合は晴天に恵まれたものの、ジャンプにはあいにくの強風で、

猫の目のような風に試合展開が危ぶまれたが、

なんとか2本やれた。


そんな厳しい展開でもしっかりと結果を出したのは、

もっか就職活動中のいや、若手のホープ

伊東大貴だ!

2本とも完成度の高いジャンプをし、(135m、138m、287,4P)

2位以下に30点以上の差を付け、

見事に優勝。

世界の表彰台に上がるジャンプを見せ付けた。

2位は湯本(251,6P)

3位は竹内(230,3P)

4位には最近復調気配の船木が入った。






女子はさすがの女王、山田いずみが2本目に逆転優勝。

(123m、113m、218,3P)

2位は渡瀬(210,6P)

3位は伊藤(118,6P)

女子は点数が示すように上位二人が抜けた存在、

夏場からの好調を維持し昨年よりかなり質の高いジャンプになったよ。



Read more>>

当然の結果
2008年10月11日(土) 15:18
昨日セ・リーグの優勝が決まった。

シーズン序盤から阪神が独走状態で

決まったかに思われていたが、

そこはスター選手を集めた巨人、

逆転でリーグ2連覇を飾った。

一言  当たり前だ!



(ラミちゃんファイターズにほしいね!)


それからパ・リーグのCSが今日から始まる。

日本シリーズの権利をかけて戦うわけだが、

今年のセのように1位巨人と3位中日の

ペナントのゲーム差が今日現在11ゲームもある。

こんなチームがCSをやる価値があるのかな?




Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog