スポーツや健康に関する出来事をあれこれ・・・
「今日のお客様」
2011年01月29日(土) 00:23
「今日のお客様」は



’空飛ぶ主婦”の



葛西賀子(吉泉)選手です。






(今日カメラを忘れたので山で撮った写真です)



現在の女子ジャンプ界



若手の台頭がある中で、



それらを引っ張るアラサ−のベテラン選手。



そしてただ一人の既婚者ジャンパーです。



小樽市出身。小樽工業〜北海道工業大〜日本空調サービス所属。










2年前の女子初の世界選手権(チェコ)落選後も、



諦めず地道に頑張って来た甲斐あって、



来月オスロで行われる世界選手権の代表に晴れて入りました。





サッツでタイミングを外すという、



ジャンプには致命的な’癖”を持つも(笑)



持ち前のマイペースとオトボケで・・・



いや努力で最近は封印しているから大丈夫でしょう





週明け31日に日本を発ちコンチネンタルカップから



2月25日のオスロの本番までベテランらしく上手に調整し



頑張ってもらいたいですね







それから先週このコーナーで紹介した、



伊藤有希選手が昨日エストニアで行われた



世界ジュニア選手権で3位となり、



女子では初の銅メダルを獲得しました。



おめでとう








明日の団体戦では金メダルも狙えそうです



頑張れ
TVH CUP
2011年01月23日(日) 23:36
今日も札幌は雲はあるものの良い天気。



世界一向かい風の吹くここ大倉山は



見ている人にとってとても楽しいコンディション



試合はこの向かい風が当たって、



これを生かしたものが飛距離を伸ばす。




女子は・・・



昨日と同じく2本K点を超した



渡瀬あゆみが227.2Pで優勝








2位にはユニバーシアード代表の北翔短大2年平山友梨香が









世界選手権代表の葛西を破り最近の好調ぶりを見せた







3位は葛西賀子(右)




男子は



昨日3位の湯本史寿が







1本目133mの最長不倒を飛び、



2本目失敗も貯金を生かし0.2P栃本をかわし優勝




そして男子も世界選手権代表で昨日優勝の竹内を破った



一戸剛(アシックス)が







久々の表彰台をゲットした。








しかし大倉山は風一つで10m、20m違いが出るシャンツェ。



試合の時間を変えて試合をやったほうが良いかもね
UHB CUP
2011年01月22日(土) 22:19
今日の札幌の空は







常時向かい風が吹く(世界的にはバットだけど)絶好のコンディション。



女子は







今期も好調な渡瀬あゆみ(神戸クリニック)が







1本目120.5m







2本目も122.5mと







ただ一人2本ともK点を超えるジャンプで優勝









来月の世界選手権に向けて調子を上げてきたよ。







そして2位は同じく世界選手権代表の葛西賀子、3位は平山友梨香でした。







男子は








今期初優勝の竹内択(北野建設)







遠征帰りは上半身先行で調子今一だったが、








ここに来て下半身が使えるようになってきたのが、



2本目の141.5mのスーパージャンプになったんでしょうね。







表彰台は結局竹内が1本目の5位から、そして栃本が9位から



(3位湯本はそのままで)



順位を上げ、世界選手権代表メンバーが独占し、



国内組との力の差を見せつける結果となりました
今日は2人
2011年01月21日(金) 23:44
「今日のお客様」はスキージャンプ



若手のホープの2人。



先ずは女子の伊藤有希選手(下川商高)16歳。









今シーズンは未だ未勝利も、



日に日にジャンプが良くなって来ています。



成績もコンスタントに上位に位置し



世界ジュニア選手権(エストニア、1月27、29日)と



世界選手権(ノルウェー、2月25日)の代表に選ばれました








特にジュニア選手権では個人、団体ともメダルの期待がかかります。



明日からコンチネンタルカップを入れ



エストニア〜ドイツ〜ポーランド〜オーストリア〜ノルウェーと



1か月以上の遠征、体調管理と気分転換を上手く出来れば



楽しみあるね






そしてもう一人は、



小林潤志郎選手(東海大)19歳。







今シーズンは大学に進学し、



成年組ですでに1勝を挙げているほど好調を維持。





最近は学校の試験にやられギミ・・・だが、



昨年優勝した世界ジュニア選手権(昨年はコンバインドです)に



なんとスペシャルジャンプで選出され、



あす出発だ。








もともとジャンプは得意なだけに、



同一大会二種目制覇なんて事もあるかもね



こちらも期待ですね
第15戦札幌
2011年01月16日(日) 23:54
W-CUPジャンプ個人第15戦。



今日の大倉山はくもり-5度



時折南からの風が入り目まぐるしく



風向風速の変わる



試合としては非常に難しい天候でした。



そんな風にやられて1本目110mの失敗も



2本目136.5mの大ジャンプを披露して








10人抜きの3位まで順位をあげたモルギー



そして昨日の優勝で勢いに乗る







S・フレウントが2位




そして優勝は、







1本目131mで2位







2本目132.5m







2本まとめ




232.9Pで勝利







A・コフラー(AUT)







そして1本目3位から



2本目風に恵まれず114mに落ちたA・マリッシュの踏切。








足首の角度と頭からお尻までの上半身をスキーと並行に保ってお尻が前方へ



動くサッツは流石やね



新しいルールのゲート&ウインド・ファクターがあっても



試合はやはり向かい風をもらって飛んだもの勝ち。








しっかりカメラ目線のコフラーとモルギー。







トップ選手が来て何時も思い知らされるのは踏切の強さ、速さだな
Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog